前へ
次へ

とどのつまりのとどって何のこと?

近年、過重債務による自己破産が多発すると言う社会問題を背景に、金融政策の一環として貸金業法が改正されました。この政策の内容を簡単に説明すると、大きな変更点としては以下の三つが挙げられます。一つ目は総量規制です。これは、借り入れできる金額が年収の三分の一に制限される事を言います。二つ目は上限金利の引き下げです。出資法上の29.2パーセントではなく、利息制限法の15から20パーセントが採用されるようになりました。最後に、貸金業を営む業者に対して規制が強化されたことです。具体的には、貸金業務取扱主任者と言う国家資格を設け、各営業所に配置する義務を課す事により法令遵守の強化をはかると言うものです。これらの金融政策の実施により、以前よりも安心して利用できる貸金市場が形成されるようになったのです。

top用置換

top用置換2
Page Top